ひよりネット

便利さを求めた生活から 安全と心の安らぎを求める生活へ 化学物質、食品添加物を見直して 環境に優しい、身体に優しい生活を始めて頂きたいと願っています

自然と生きた昔の日々

県境にある山里が私の故郷です

投稿日:2019年2月22日 更新日:

県境にある山里が私の故郷です

北川ダムの上流の山間の小さな盆地ですが
同級生は大変多く部落は16軒でしたが同級生が11人いました
学校でも私たちの同級生が一番多く3クラスあり
学校でも家に帰ってからも遊び友達が多く

勉強などはほとんどせず近所の子供とソフトボールをしたり
川で遊んだりすることが毎日の生活でしたね

殆どの家が自給自足で、部落で車を持っているいえが1軒
テレビを持っているいえが2軒という時代でしたが

どの家の土間には土で作られた大きなこんろがあり
薪を燃やしてご飯を炊いたり煮物を作ったりしていました

電気は有りましたが用途は電灯のみで水道は無く
毎朝井戸で水を汲むのが日課で土間の水瓶に入れて水を飲んでいました

今の時代とは全く違いますが
当時は不便を感じたことはまったく有りませんでしたね

父親かいて母親がいて姉がいて弟がいて
近所の人達とみんなで寄り添い助け合って生きていましたので
楽しかったですね

今でも当時の懐かしい人たちの笑顔を思い出します

hiyorinet-pc

スポンサードリンク



hiyorinet-pc

スポンサードリンク



-自然と生きた昔の日々

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

自給自足

私が育った山里では近くで駄菓子や雑貨を売っていた小さな店が一軒あっただけで食料は殆ど自給自足で賄っていました それでも 食べたいものが特にあった訳でもないので 食べ物に不自由はしていませんでしたね 今 …

no image

人々が川辺に集まって談笑したり

雨が降って雨水は低いところから低いところへ流れていくのです それが川になり 川は長い年月をかけ 浸食を繰り返し 深い川になり 土手には木や草が茂り やがて魚が泳ぎ始めます 人々は川のあるところで 生活 …

no image

いつも家族の中心に囲炉裏の炭火があったような気がします。

家族はいつも囲炉裏の回りに集まり、一緒に食事をしたり談笑したりしていましたので、いつも家族の中心に炭火があったような気がします。 樫炭は燃やすと独特な炭の臭いが出て、 地鶏の炭火焼きには最適な炭です。 …

no image

川から魚がいなくなった

川から魚がいなくなった 昔は川は皆が集まるところでしたが今は川には誰もいません 川から魚がいなくなった 中学の頃はよく魚を捕りに川に行きました 下流の方から川に潜って 魚が居そうな岩穴や岩陰で魚を探し …

no image

あの頃は近所の人たちの共同作業が多く助け合って生きていた時代でした

1961年頃 NHKの紅白歌合戦で宮田輝アナウンサーが 司会をしていた頃です 田んぼにはタニシが居て タニシの通った後が田んぼに残っていたのを 覚えています 今はタニシもどじょうも 田んぼにはいません …

今すぐ電話でお問い合わせを